ピラティス
インナーマッスルピラティスの基礎知識

インナーマッスル

インナーマッスル

ピラティス

インナーマッスルとは筋肉を鍛えて基礎代謝量を増やし脂肪燃焼を促すことは、現代のダイエットにおける基本と言えます。
しかし、筋肉が付きすぎることは女性的なボディラインを崩す結果に結びついてしまいます。

ピラティスの目的となるインナーマッスルとはどのような筋肉なのでしょうか?

インナーマッスル〜体幹を構成する筋肉

筋肉の働き私たちが日常生活の中で筋肉の存在を意識するのは、重い荷物を持ち上げた時やスポーツをしている時くらいではないでしょうか。
しかし、私たちの意識とは裏腹に筋肉は日常生活のあらゆる場面で人知れず活躍しているものなのです。

中でもピラティスの鍛錬目的となっているインナーマッスルは、筋肉の働きを深く支えているのです。
インナーマッスルとはどのような筋肉なのでしょうか?

インナーマッスルについて

インナーマッスルとは、直訳すると「内部の筋肉」となるように、身体の内側にある筋肉のことをさしています。

日本語では「深層筋」と呼ばれ、腕の力こぶや割れた腹筋などの手で触れる筋肉「アウターマッスル」と対になっています。
アウターマッスルは随意筋に分類され、自分の意思によって動かすことが出来る筋肉です。

対するインナーマッスルは「不随意筋」という自分の意思では動かせない筋肉になっており、アウターマッスルの動きをより繊細かつ緻密にする為に補助的な形で動く筋肉になっています。

インナーマッスルとアウターマッスルの違い

内側のインナーマッスルと外側のアウターマッスルの違いは、随意筋・不随意筋だけでは有りません。
アウターマッスルは瞬発力に優れた太い筋肉です。
しかしその一方で筋組織の強度は余り強くなく、筋肉痛を起こしやすいという性質があります。

インナーマッスルは持久力に優れた細い筋肉で、筋組織の強度もそれなりにある筋肉です。
この相反する性質を上手に組み合わせることで人間の身体はダイナミックな運動から繊細な作業までを自由に行えるのです。

インナーマッスルは鍛え辛い

ウェイトトレーニングなどの筋トレの多くは、アウターマッスルを鍛えることに主眼が置かれているものといえます。
なぜなら、意識的に動かせるアウターマッスルは運動による負荷が掛けやすくトレーニングの効果が集中しやすい性質を持っているのです。

一方、インナーマッスルはアウターマッスルの動きを微調整するように動くため運動による負荷はアウターマッスルよりも小さくなり、従来の筋肉トレーニングでは集中して鍛えることが難しくなっています。

なぜピラティスがインナーマッスルに効くのか?

通常の筋肉トレーニングでは鍛え辛いインナーマッスルが、ピラティスによって鍛えることが出来るのでしょうか。

それは、ピラティスの基本である「身体の中心(コア)である脊柱・骨盤を意識する」ことに理由があります。身体の中心を意識して身体を動かすことで、脊柱や骨盤の歪みを矯正し周辺にある筋肉であるインナーマッスルも一緒に動くことになります。
つまり、身体の中心を意識することで連鎖的にインナーマッスルに集中して運動の負荷を掛けることが出来るのです。

【ピラティスゼミ】コンテンツ分類
  • 【ピラティスの基礎知識】人気の秘密・ヨガとの違い・インナーマッスルを鍛える効果をご紹介
  • 【ピラティスの効果について】ダイエット・姿勢矯正・美容効果・筋力アップなどの効果を検証
  • 【ピラティスを実践する】準備体操や胸式呼吸といった基礎や、腹筋・背筋などを鍛えるポイントとマシーンピラティスを紹介
  • 【ピラティスを始めよう】DVDの動画で手軽に!教室に通って習うだけじゃなく資格取得でインストラクターに!?
【ピラティスゼミ】コンテンツメニュー
  • 美容効果 - 身体を引き締め魅力アップ
  • 腹筋を鍛える - ウェストを引き締めよう
注目記事(ピラティスゼミ)ランキング