ピラティス
筋力アップピラティスの効果について

筋力アップ

筋力アップ

ピラティス

筋力アップの効果筋力アップというと、多くの人はバーベル・ダンベルを使ったウェイトトレーニングを思い浮かべるものです。
しかし、筋肉の強化はスポーツや仕事、健康維持などの目的に合わせてメニューを作って行うべきなのです。

ピラティスによる筋力アップの効果とメリットについて解説していきます。

筋力アップ〜男性の運動不足解消にも

男性にも有効なピラティス女性がダイエットをエクササイズの主要な目的としているのに対して、男性の場合は健康増進と筋肉強化をエクササイズの目的にしていることがほとんどです。
筋肉モリモリの男らしい体つきを作るために毎日エクササイズに励む人もいれば、途中で諦めてしまう人も少なくありません。

筋肉を鍛える為にピラティスはどのように有効なのでしょうか?

筋肉トレーニングの基本とは

現代の筋肉トレーニングにおいては、筋肉に休息を与えて成長を促す「超回復」が重視されています。
筋肉トレーニングは筋肉に多大な負荷を掛けて筋組織を壊し、再生に伴う痛みである筋肉痛が起こったらトレーニングを中止して超回復によって筋肉を成長させていきます。

超回復による筋肉トレーニングは、瞬発力に長けた「速筋」が多いアウターマッスルを成長させるのに最適の方法とされています。

インナーマッスルを鍛える効果とは

ピラティスではアウターマッスルよりも、持久力に長けた「遅筋」が多いインナーマッスルを鍛えることに重点を置いています。

インナーマッスルはアウターマッスルのように大きくなりにくい筋肉で、鍛えた実感が湧きにくいという面を持っています。
また、筋肉が出せる力は筋肉の大きさに正比例するため、アウターマッスルに比べて筋力アップが図りづらいというデメリットも持っています。

しかし、インナーマッスルをアウターマッスルと合わせて鍛えることは非常に大きな意味を持っているのです。

動きの無駄が無くなる

インナーマッスルは、アウターマッスルの起こした動きをカバーするように働く筋肉です。
そのため、インナーマッスルが充分に発達していないと身体の動作は大きく無駄が多いものになってしまいます。

インナーマッスルが発達していると、アウターマッスルの動きが修正されて無駄が無いシンプルで素早いものに変化していきます。
動きに無駄が無いということは、動作の速さとエネルギーの消耗を抑制することにつながり持久力の増加にも効果を発揮してくれるのです。

引き締まった筋肉を作る

筋肉トレーニングというと、一般的にはボディビルダーのような大きな筋肉を作るためのものと考えられがちです。
しかし、大きな筋肉は見た目ほど運動能力が高いわけではなく、脂肪や無駄な肉を削ぎ落としたような引き締まった筋肉の方が運動能力などの面で勝っているものです。

ピラティスは引き締まった筋肉を作るのに最適なエクササイズなのです。

運動不足の解消

現代人はスポーツや肉体労働への従事をしていない限り、運動不足に陥りがちの生活を送っているものです。
特に経理やプログラマーなどのデスクワークに従事している人は、一日の大半を机に向かう仕事に費やされるため運動不足は大きな悩みとなります。

ピラティスは一日に行う時間が短くても十分な効果を発揮するため、毎日続ければ運動不足の解消にも大いに役立ってくれます。

【ピラティスゼミ】コンテンツ分類
  • 【ピラティスの基礎知識】人気の秘密・ヨガとの違い・インナーマッスルを鍛える効果をご紹介
  • 【ピラティスの効果について】ダイエット・姿勢矯正・美容効果・筋力アップなどの効果を検証
  • 【ピラティスを実践する】準備体操や胸式呼吸といった基礎や、腹筋・背筋などを鍛えるポイントとマシーンピラティスを紹介
  • 【ピラティスを始めよう】DVDの動画で手軽に!教室に通って習うだけじゃなく資格取得でインストラクターに!?
【ピラティスゼミ】コンテンツメニュー
  • 美容効果 - 身体を引き締め魅力アップ
  • 腹筋を鍛える - ウェストを引き締めよう
注目記事(ピラティスゼミ)ランキング