ピラティス
ポイントピラティスを実践する

実践のポイント

実践のポイント

ピラティス

ピラティスのポイントとは物事を上手にこなす為の原理を「コツ」というのは、中心となる「骨」に由来しているといわれています。
コツはどんな物にも存在しており、コツを掴むことが上達の早道となっています。
ピラティスにも幾つかのコツがあり、コツを正しく実践しなければ効果は出ないのです。

ピラティスのコツについて紹介します。

実践のポイント〜ピラティスの効果を高めるために

ピラティスのコツ何をするにしても抑えておかなければならない「ポイント」があるものです。
ポイントを外せば意図する形で実行することは難しくなってしまいます。
これはピラティスにも言えることで、しっかりとポイントを抑えることが効果を引き出すのです。

ピラティスの実践における大事なポイントについて紹介していきます。

ピラティスを効果的に行う為のポイントとは?

ピラティスの効果を引き出すポイントは「ピラティスの原理」とも呼ばれており、外すことの出来ない基本となっています。
効果を発揮する為のピラティスの原理にはどのような物があるのでしょうか。

意識の集中

人間の身体は意識を集中させると、集中した部位は普段よりも動きや感覚が繊細に感じられるようになります。
感覚だけでなく筋肉も意識の集中によって動きが精密なものに変化していきます。

意識を身体の中心に集中させることで、インナーマッスルを鍛えやすい筋肉の動きが発生してピラティスの効果が発揮されるのです。

身体の芯をイメージする

想像することで生まれるイメージは、「焼けた火箸である」と暗示を掛けて冷たい鉄棒を押し付けるとヤケドが出来た、という話があるように時として身体の機能に大きな影響を与えます。

背骨や骨盤の周辺にあるインナーマッスルを重視するピラティスでは、身体の芯を強くイメージして骨格・筋肉の動きを強調させるようにすることがポイントの一つとされています。
イメージを明確に持つことがピラティス成功の鍵を握っています。

正確で流れるような動き

ピラティスではゆっくりと水が流れるように、かつ正確な動きでエクササイズを行うことが重視されます。
エクササイズにおいては、ノルマの達成を念頭において行うと素早くて雑な動きになりやすく、充分な効果が得られないことがよくあります。

ピラティスを含む全てのエクササイズは正確な動きで行うことで初めて効果を発揮するものなので、出来るだけ正しい動きを意識してスムーズに行うことが重要になります。

腹ではなく胸で呼吸する

ピラティスでは、胸を膨らませる胸式呼吸がポイントとなっています。
お腹を膨らませる腹式呼吸は交感神経をリラックスさせ適度な脱力を生み出すのに対し、胸式呼吸は交感神経を活発にして運動に適した状態を作る働きがあります。

つまり、ピラティスは胸式呼吸で身体を運動している状態にすることでエクササイズとしての効果を生み出すのです。

一回ごとの動きに気を配る

エクササイズに限らず、慣れというものは驕りを生み出すものです。
ピラティスでも慣れてくると動きが大雑把になったり、胸式呼吸ができていなかったりなどポイントを外した適当なやり方になってくることが良くあります。

自分の筋肉の動きをよく観察しながら行うことがピラティス成功のポイントなのです。

【ピラティスゼミ】コンテンツ分類
  • 【ピラティスの基礎知識】人気の秘密・ヨガとの違い・インナーマッスルを鍛える効果をご紹介
  • 【ピラティスの効果について】ダイエット・姿勢矯正・美容効果・筋力アップなどの効果を検証
  • 【ピラティスを実践する】準備体操や胸式呼吸といった基礎や、腹筋・背筋などを鍛えるポイントとマシーンピラティスを紹介
  • 【ピラティスを始めよう】DVDの動画で手軽に!教室に通って習うだけじゃなく資格取得でインストラクターに!?
【ピラティスゼミ】コンテンツメニュー
  • 美容効果 - 身体を引き締め魅力アップ
  • 腹筋を鍛える - ウェストを引き締めよう
注目記事(ピラティスゼミ)ランキング