ピラティス
胸式呼吸ピラティスを実践する

胸式呼吸

胸式呼吸

ピラティス

呼吸法の効果鼻や口から空気を吸い込み、新鮮な酸素を取り入れる呼吸は生命活動を維持する為に欠かせないものです。
そして、呼吸に合わせた身体の動きを行う呼吸法は酸素の交換だけに留まらない効果を身体や健康に齎すのです。

ここでは、ピラティスの基本となる胸式呼吸について解説していきます。

胸式呼吸〜重要な基本の呼吸法

胸式呼吸のピラティス酸素を取り込む呼吸には、生命を維持するだけでなく気持ちを落ち着かせたり、身体の調子を整えたりといった働きがあります。
ピラティスは呼吸法の効果を最大限に利用することで、効率よくインナーマッスルを鍛えることを可能にしているのです。

呼吸がどのようにピラティスに影響するのかなどについて紹介していきます。

呼吸法の効果とは?

呼吸はただ酸素を取り込むためだけに行なわれるものではなく、心身をリラックスされるためなどに活用することが出来る優れた健康法です。
呼吸法には用意しなければならないものが無く、身体一つで出来るのが最大のメリットです。

呼吸をすることで肺を膨らませ横隔膜が広がり、血行が促進されます。
また、呼吸は自律神経の働きに関係しており、興奮状態のときに働く交感神経とリラックス状態のときに働く副交感神経を切り替えるスイッチとしても作用するのです。

ピラティスで利用する胸式呼吸とは?

ピラティスにおいては、息を吸い込みながら胸を膨らませる胸式呼吸を用います。
ヨガや気功などでは息を吸い込みながらお腹を膨らませる腹式呼吸を用いますが、ピラティスは胸式呼吸をどのような理由で用いるのでしょうか?

リラックスではなく身体を活発にさせる

ヨガなどで用いられる腹式呼吸は、リラックス状態になるための呼吸法として知られています。
へその下にある「丹田」を意識して、ゆっくり息を吸いながらお腹を膨らませる腹式呼吸を行なうと、副交感神経の働きが活発になり身体の各部位の緊張が解けていきます。
適度なリラックス状態になると関節が柔らかくなるため、腹式呼吸は難しいポーズを取るヨガに向いている呼吸法といえます。

一方胸式呼吸を行なうと、交感神経の働きを活発にさせるため筋肉が緊張した状態になります。
この筋肉の緊張を負荷として利用することが大事なのです。

腹横筋を刺激して姿勢矯正

胸式呼吸を行なうことで、肋骨周辺にある「腹横筋」という筋肉が刺激されます。
腹横筋は左右から脊椎・骨盤を包みこむように位置しているため、脊椎と骨盤を正常な位置に戻すように働きます。

同時に周辺のインナーマッスルも刺激され、筋力の増強に繋がっていくのです。

胸式呼吸のやり方について

胸式呼吸は、普段無意識の内にしている呼吸や腹式呼吸と違って身に付けるまで時間が掛かるものです。
しかし、胸式呼吸を確実に出来るようになるとそれだけでも基礎代謝が向上するので覚えておいて損は無いといえます。

胸式呼吸は、簡単に言えば「息を吸い込むときに胸を膨らませ、吐くときに胸を縮めさせる」呼吸法ですが、息を吸い込むと横隔膜に合わせてお腹も膨らんでしまいます。
そのため、両手を肋骨の辺りにおいて胸が膨らむのを意識すると同時に腹筋に力を入れて常に引き締めた状態にするように心掛けます。

また、肩甲骨を引き下ろすように首を伸ばすと自然に腹筋が引き締まります。
そして息を吐き出すときにも腹筋が引き締まった状態を維持するように心掛けます。

【ピラティスゼミ】コンテンツ分類
  • 【ピラティスの基礎知識】人気の秘密・ヨガとの違い・インナーマッスルを鍛える効果をご紹介
  • 【ピラティスの効果について】ダイエット・姿勢矯正・美容効果・筋力アップなどの効果を検証
  • 【ピラティスを実践する】準備体操や胸式呼吸といった基礎や、腹筋・背筋などを鍛えるポイントとマシーンピラティスを紹介
  • 【ピラティスを始めよう】DVDの動画で手軽に!教室に通って習うだけじゃなく資格取得でインストラクターに!?
【ピラティスゼミ】コンテンツメニュー
  • 美容効果 - 身体を引き締め魅力アップ
  • 腹筋を鍛える - ウェストを引き締めよう
注目記事(ピラティスゼミ)ランキング