ピラティス
資格,インストラクターピラティスを始めよう

ピラティスの資格

ピラティスの資格

ピラティス

資格を習得する方法誰かに何かを教わるには資格は要らないものの、誰かに何かを教える立場になるには相応の資格が必要になるものです。
それはピラティスにも通じることで、ピラティスのインストラクターとして活動する為の資格が必要になります。

ピラティスの資格を取得する方法を中心に解説していきます。

ピラティスの資格〜他者に指導が出来る資格

ピラティスのインストラクター人は何か熱中するものが出来て深くはまり込んでいくほど、誰かにその面白さを伝えたくなるものです。
様々な分野の指導者は、そういった熱意を失うことなく熱中し続けてきたという面を持っているのです。

ピラティスを実践する中で、誰かに「ピラティスの素晴らしさを教えたい」と感じた時、どのような手段を用いて指導者になればいいのでしょうか?

ピラティス指導のための資格とは?

フィットネスジムやピラティススタジオでピラティスを他人に指導できるインストラクターになるためには、専門の資格を取得する必要があります。

ただし、ピラティスの指導資格は公的資格ではなく民間資格なので認定団体が複数あり、ジム・スタジオの経営者の方針や提携している団体の違いなどによっては認定資格があってもインストラクターとして認められず、雇ってもらえないこともあるので注意が必要です。

資格を取得するためのセミナー

ピラティスの指導資格を取得する為には、各資格認定団体が主催しているインストラクター志望者向けセミナーへの参加が最初の前提条件になっています。
セミナーではピラティスの基礎理論に始まり、解剖学、目的別エクササイズ、マシーンエクササイズに使う器械の使用法、指導の際のティーチングテクニック講習などが詰め込まれています。

逆に言えば、このようなセミナーを受講していないと指導に必要な知識や技能は身に付かないということなのです。

資格取得のための試験

インストラクター志望者向けセミナーを受講終了後は、そのまま団体ごとに行われている資格試験に挑戦することになります。
インストラクター資格の試験内容は理論に関する筆記試験とエクササイズの理解を測る実技試験、指導力を測る指導試験の三種類で構成されています。

試験の内容はセミナーで教わることと同一なので、講習内容を記録して復習していれば難しくないはずです。

どこで資格を取れる?

日本国内でピラティスのインストラクター資格を取得できる教室・スタジオはまだ多くなく、大都市に集中しているのが難点です。
ピラティスの通信講座は資格取得よりも実践に重点を置いているものが多く、資格取得のためには遠出しなければならない場合が少なくないようです。

人によっては、本場であるアメリカにピラティス留学して資格を取ることもあるようですが、語学力や旅費などの制限が大きいのが悩みどころです。
また、短期間での短期集中講座を実施している教室・スタジオもあるため、纏まった休みが取れるのであれば挑戦してみるのも良いかもしれません。

【ピラティスゼミ】コンテンツ分類
  • 【ピラティスの基礎知識】人気の秘密・ヨガとの違い・インナーマッスルを鍛える効果をご紹介
  • 【ピラティスの効果について】ダイエット・姿勢矯正・美容効果・筋力アップなどの効果を検証
  • 【ピラティスを実践する】準備体操や胸式呼吸といった基礎や、腹筋・背筋などを鍛えるポイントとマシーンピラティスを紹介
  • 【ピラティスを始めよう】DVDの動画で手軽に!教室に通って習うだけじゃなく資格取得でインストラクターに!?
【ピラティスゼミ】コンテンツメニュー
  • 美容効果 - 身体を引き締め魅力アップ
  • 腹筋を鍛える - ウェストを引き締めよう
注目記事(ピラティスゼミ)ランキング